OFFENSIVE-LIFE!!


永山由高。鹿児島市32歳オトコ。鶴丸高校⇒九州大学⇒日本政策投資銀行⇒2011年7月にコミュニティデザインラボ:Ten-Lab設立。県内各地を走り回る日々。
by gekiretsunagayan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧


起業支援 という、無責任

先日、起業支援を仕事にしている方とちょっとご一緒させていただきました。

そのかた曰く、「nagayaaan、いつまでサラリーマン続けるの?このままだと、社長の下で一生使われる人生だよ?」と。

「ほほう」と、思いました。

起業支援の目的って、起業させることなのかー。と。
その中身や、その後のビジョンとか、そういう一番大事なものを全部無視して、「起業=善」みたいな構図でコミュニケーションを迫られたことに若干の違和感が。

社長になるのは簡単だけど、社長で居続けるのは本当に難しい。

その方(まだまだお若い方ですが)も、その辺のことを知らないはずもなかろうに。

確かに、成熟⇒衰退の一途をたどる地方経済において、イノベーションを伴った新規事業が求められているのは間違いないことだけれども、そのことと、独立起業を薦めるということは直接的には一致しないでしょうに。。。

この地で1年、ベタベタなNPO支援、地域密着企業の調査をしてきましたが、今必要なのは、リーダーを支えるセカンダリー層。社長の右腕。

先日のエントリーで書きましたが、冷静な、かつリスクを担えるフォロワー。

そこだと思うんだよなあ。

高度経済成長を支えた日本の大企業において、猛烈に働いてきた日本のサラリーマンには、ある種フォロワーとしての覚悟がいっぱい詰まってたと思うのです。
これから起業する人にとっても、まず一番欲しいのは、一緒にリスクをとってサポートしてくれるフォロワーだと思うのです。

起業支援の一番の方法は、その人のフォロワーになってあげること。
仕事として起業支援するのであれば、一番のフォロワー(だったり、メンターだったり、連携相手だったり、顧客だったり)を見つけてあげることだと思う。

(もっと言うと、)起業支援を生業としてやってる人が、顧客確保のために起業の勧めを説くのはわかるけど、サラリーマンとして幸せに生活してる人をだまして、無理くりチャレンジさせるようなことはしてほしくないなあと、そう思ったわけです。

以上、もちろん自戒も込めて。
[PR]

by gekiretsunagayan | 2010-07-10 12:19 | 雑感

フォーマレッツのコンサートに行ってきました。

中学時代からの友人が、プロのマリンバ奏者として活動してます。

昨日は、そのコンサートに行ってきました。

以下、所感メモです。

①圧倒的な存在感
 普段触れる世界、音、声、光、そんなものからぶわっと開放された2時間でした。
 僕はこういうときに旨いこと表現するセンスを持ち合わせてないけども、衝撃でした。

②お客さん、みんなでつくる暖かい雰囲気
 県民交流センター、600人のホールはほとんど埋まってました。
 で、その雰囲気が、すごい暖かいの。
 MCのトークにも、ちゃんと応える。
 街のアーティストと、それを支える市民という構図。素敵。

③凛とした佇まい
 実は、こうゆうちゃんとしたホールで、その同級生の演奏を聞くのは初めてだった
 のですが、その表情と佇まいがあまりに綺麗で(いや、もはやビジュアルがどうとか
 じゃなくて、身にまとった雰囲気がね)。
 一流のアスリートの試合を見てるような感じ。
 自分にもこういう風に全身全霊をかたむける一瞬があるか、と自問自答させられました。

というね。
そんな感じでした。

今回のコンサートには以前TenBizとしてサポートさせていただいたこともあり、
TenBiz経由でコンサートに足を運んでいただいた方も複数名お見かけしました。
皆様、本当にありがとうございます。

金曜日の夜、素敵なひと時でした。

フォーマレッツの皆様、本当にありがとうございました。
[PR]

by gekiretsunagayan | 2010-07-10 12:03 | 次世代・薩摩の担い手

27歳になります。引き続き生き急いでいく所存です。

さて、26歳最後の一日が、間もなく終わろうとしています。

僕はというと、ジョイフルでキーボードを叩きながら、この記念すべき夜を迎えています。

だって、タスク山積みなんだもの。
まあ、この年でこういう生活を送るのは、これはこれで悪くないとは思っております。



そんなこんなで26歳⇒27歳。

また一歩、MISOZIへの階段を上がりました。



27歳といえば

坂本龍馬が土佐藩を脱藩した歳。

イチローがメジャー行きを決めた歳。

三浦知良がセリエ行きを決めた歳。

ね。

「そろそろ、自分の考えを形にしなきゃ」って思う歳なんだね。

ということで、今の僕で出来る限りのことを、イメージの限界まで形にすべく、いろいろと走り回ってみようと思います。

まずは、この歳まで生き残れた事に感謝!
そして、明日からまた始まるいろんな戦いにそなえて一人乾杯。
[PR]

by GEKIRETSUNAGAYAN | 2010-07-05 23:15 | 雑感

change!

iPhoneを購入して1週間が経過しました。いやあ、生活が変わった!

このBLOGもiPhoneから書いてます。

Bluetoothのワイヤレスキーボードでサクサク入力。ストレス無し。

これまで、A4ノートpcを持ち歩いていましたが、もうその必要もないですね。

これからDropBoxとかEverNoteとか、どんどん活用していきますよー。

クラウド!!


仕事の方では、外回りの営業が増えてきましたので、外出先でメモをまとめる機会も増えます。

これはガシガシ活用していかねば。。
[PR]

by GEKIRETSUNAGAYAN | 2010-07-03 23:12 | 雑感