ナガヤマブログ


永山由高。ecommit / Ten-Lab /エアギター などなど。
by gekiretsunagayan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧


当面の立ち位置。

鹿児島に移って早3週間。
仕事絡みで、熱い人との出会いが多くなってきました。

僕自身、どちらかというとなりふり構わず突っ走りたい性格なのですが、
いまは仕事が「支援サイド」ということもあり、「おれ、落ち着けー」と、自分に
言い聞かせながら仕事してます。

でも、上記のような熱い方々から「nagayanは冷静キャラ」と認識されるのも
なんか嫌なので、飲みの席ではとりあえず言いたい放題突っ込んでいこうかと。
今のところ、そういうところに立とうと考えてます。

で、昨日は会社の仕事が終わってから関係者の方々と飲みだったのですが、
ここぞとばかりにグイグイ突っ込んでいくと、先方もグイグイ押し返してきて、
なんかもう死ぬほど熱い飲みになっちゃいました。

「あー、鹿児島に帰ってきてよかった」と、思える時間。

こういう時間を大切にしながら、また明日も(仕事中は)「冷静に」がんばろうと思います。
[PR]

by gekiretsunagayan | 2009-06-23 21:10

このところの、日常

夕方、会社から帰ると19:30。
はやっ。

まだ外は明るかったりします。

何しようかなーっと、考える。
ここで、テレビなんか点けたら、もう負け。ずるずると流れてしまいます。

ということで、とりあえず着替えて、靴はいて、ランニングへ。
考えてみると、北海道マラソンまであと2ヶ月しかありません。
制限時間(5時間)を超えたら恐怖の収容車行きという屈辱を味わうことになるので、
まずはきっちりと体をつくって、万に一つも収容されることのないようにしなければ。

今日は軽く5kmほど。25分程度のJogだったのですが、鹿児島RUN初の火山灰の
洗礼を受けました。息を吸うのにはあまり違和感なくても、眼に入る火山灰はかなり痛い!これからはサングラスを装着して走る必要があるかもしれません。

…ということで、まずは、サングラスの似合う顔&骨格を目指します。
[PR]

by gekiretsunagayan | 2009-06-19 22:36

ついに・・・。

銀行に入行するときの健康診断で2.0だった視力が、最近とくに落ち込んでいたので、会社の近くのメガネ屋で測ると0.6まで落ちていました。

 そんな中、突然届いた赤紙。運転免許更新通知。熟読してみると、0.7以上は必須とあるではないですか!これはやばい。ということで、急いでメガネを買いにいきました。

 幸いなことに、会社の入っているビルの1階と2階がメガネ屋なので、そこで調整してもらい、本日購入。仕事タイプ(縁ナシぽいやつ)と休日タイプ(ちょっと太目の縁つき)とで悩んだ挙句、その中間のデザインを選びました。

 僕は人と比べて目が大きいので、今はやりのシュッとしたメガネが似合いません。いわゆる細身のメガネだと、眼球のサイズからはみ出してしまうという悲劇。・・・ということで、ちょっと大き目の、普通のメガネに落ち着きました。

 当面は運転するときしかかけない予定ですが、心機一転、イメージを変えたいときはかけようかなと思います。あと、草食系を演じたいときとか、、、ね。
[PR]

by gekiretsunagayan | 2009-06-17 22:30

友人、ゴール。

6/13(土)は、大学時代の友人(というか親友)の結婚式でした。
僕の隣町出身の彼は、大学に1年半在籍した後、パイロットになるという夢をかなえる為にパイロット養成機関を受験して合格、大学を中退してその道に入ったという熱い男。そして、なんと奥様は僕の中学時代の同級生という奇跡の繋がり。

学生時代から、一本筋の通った熱い男でしたが、高校2年の頃から8年越しの恋を実らせたという事実に圧倒されました。

そして、なんと、今回は結婚式で初めて泣きました。

もちろん、二人のエピソードも涙抜きでは語れないんだけど、今回の式は演出にもかなり負けました。

いやー、ああいうプロの演出屋さんというのはすごいもんだと、改めて関心。
今回式に参列したのは130人ほど。
その130人の最大公約数的感性に訴える手法に、刺激を受けました。
映像と、音と、香りと。五感に訴える演出の原点に触れた気がします。

おめでとう、ありがとう。
そんな1日でした。
[PR]

by gekiretsunagayan | 2009-06-13 22:04

新生活、始めました

新しい職場での仕事が始まりました。

当面は試用期間ということもあり、かなり試されてます。

かなーり、試されてます。

今日は結構空気を読んでしまい、静かにしてました。

・・・が、こうして帰宅して振り返ってみると、それじゃだめですね。

どんどん地を出して、どんどん前に出て、それで「お前いらねーよ」と言われれば、組織を出てでも勝負するくらいの気概が必要です。そもそも、NPOで働くってのはそういうことじゃん!・・・と、帰り道にチャリを漕ぎながら思いました。

日本のNPOってのは、まだまだ理念重視で、「そこにビジネスの観点が足りない、欠けてる」という問題意識を持って、僕はこの分野に飛び込みました。

自分の問題意識を正面からぶつけて、そこに可能性がひらけるのかどうか。。。

「offensive-life」という、自分の基本的なスタンスを改めて再認識した夜でした。





・・・とかいって、明日の朝いきなり遅刻とかやっちゃった日には目もあてられないので。
やるべきことは、やりながら。

地道に、こつこつ、がんばろうと思います。
[PR]

by gekiretsunagayan | 2009-06-12 01:14 | 雑感

拝啓 大阪王将 益田店様

一ヶ月ほど前、大阪王将 益田店での死闘についてBlogに書いたところ、なんと大阪王将 益田店の店主様からコメントをいただきました!!

以下URL参照↓
http://nagayan.exblog.jp/10872360/

こういう形でコメントいただいちゃうと、また食べに行きたくなっちゃいますね。

僕(僕ら、前職の同僚3人)にとって、益田という場所は特別な場所です。
「人生ではじめて、ロードレースの大会に出場した場所」なんです。
そのロードレース大会というのが、これ↓。

萩・石見空港マラソン全国大会
http://www.airport-marathon.jp/detail/
日本で唯一、空港の滑走路の中を走るマラソン大会です。
山陰の綺麗な海と、青い空、ひろーい滑走路、最高でした。

もとはというと、僕が益田地区のお客さんを担当していた縁もあり、職場の若手で応募したのがきっかけです。
(それ以来、マラソンに目覚めた僕らは中国地方の市民マラソンにことごとく参加していきました。)

そんな思い入れのある街・益田。

そしてそんな思い出深いマラソン大会が、今年は10月18日(日)に開催されます。

・・・ということで、大阪王将、益田店 店主様、今年の10月17日(土)の20:00に、また食べに行きます!
事前に予約しますので、今回も奥の座敷席をよろしくお願いします。
[PR]

by gekiretsunagayan | 2009-06-10 21:36

鹿児島に来てからのいろいろ③飲みとか、頭痛とか


6/6(土)
銀行員時代の先輩の一人が今年から鹿児島支店に配属されたということで早速飲みにいきました。
同じ組織にいたときはあまり接点が無かったのですが、こういう場で話してみるとやっぱり価値観が近くて、話が尽きないですね。
いろんな事に疲れたら、またこの人に連絡とろうって、思える先輩です。

6/7(日)
この日は10時から鹿児島検定のマスター試験を予定していたのですが、朝起きるとひどい頭痛で、ベッドから出られず、昼過ぎまで云々うなってました。
受験料3,500円、もったいないなあ・・・と、思いながらも動けず。
ここ数日のバタバタで変なストレスを感じていたというのが原因かもしれません。
マスター試験、結構準備してきたのに。。。無念。

夕方、ようやく痛みが引いてきたので、新居の周りを5kmほどJog。
体動かしてると、徐々に気持ちが前向きになってくるので、僕はほんとに便利な体質です。

6/8(月)
朝から健康保険の手続き、インターネット開始の手続き等雑用を済ませ、午後は高校の頃にお世話になっていたNPO法人SCCにご挨拶。

僕の今回の決断の中で、結構大きな要因となったのは、このSCCでの2年間の経験です。
ゼロから組織を立ち上げようとしていた代表を見てきましたし、こうして7年後のいま、国内でも有数の総合型スポーツクラブチームになっているのを見ると、本当に勉強になるし刺激になります。

で、家に帰ってもテンションが上がりっぱなしで、なかなか下がりそうになかったため、海沿いを1時間ほど走ってきました。(Nike +によると9km)
家からちょっと海沿いに、結構いいランニングコースを見つけました。
これでしばらくは楽しく走れそうです。

6/9(火)
朝からお世話になった方へのお礼状と挨拶状を書き、昼からは新しい仕事に向けた資料収集。

夜は高校時代の同期(通称Jet)とほぼ7年ぶりに飲みました。
いろいろと思うところあって僕は今年鹿児島に帰ってきましたが、この7年間ずっと鹿児島で踏ん張ってきたJetの話には、かなりの含蓄があり、いろんな刺激を受けました。
いつも適当な奴なので、(最初は)今日も楽しく飲めればいいやというスタンスだったのですが、突っ込んだ話になっても真正面から言葉を返してくれたのはうれしかったです。

とりあえず、Jetと飲んでて感じたのは、下記3点。
①既存の枠組みを壊すには、まずその枠組みにはまってみることが大事。
②百回の握手よりも、一回のマジトーク。
③アホになりきる覚悟。

そんなこんなで、1軒目は熱く語り合いました。

2軒目は「女の子を連れて行けるオサレなBarを教えろ」という僕のリクエストに応じて、なんかマジで雰囲気のよさげなBarに連れて行かれました。
ここをプライベートで使うことはそんなに無いだろうなあと思いながら、でも楽しく飲めたのでよかったなあと。

そんな鹿児島生活9日目の夜でした。
[PR]

by gekiretsunagayan | 2009-06-10 21:24

鹿児島に来てからのいろいろ②新しい職場、新しい負担

新しい職場の方と打ち合わせ。
僕の勤務開始日を調整しました。

当面3ヶ月はインターン期間ということで、有給の研修生という立場で仕事をします。
給料の原資は失業保険ということで。いやあ、これまで保険料をまじめに払ってきてよかった!

勤務開始日は前職の離職票が届いてからということで、今週末からの出勤になります。

それまでに健康保険の更新やら年金の手続きやら。いろいろと大変です。
しっかし、、国民年金、たっかいですね!(15,000円/月)

厚生年金時代は給料からの自動引き落としだったので負担感も小さかったのですが、
自分の口座から払うことになると、負担の重さに閉口。

これに住民税やら国民健康保険やら、、、うーん、組織を離れるってのは厳しいものです。
[PR]

by gekiretsunagayan | 2009-06-09 10:48 | 雑感

鹿児島に来てからのいろいろ①引越し

5末に広島の家を引き払って、6月に鹿児島に潜入開始。
社会人生活始まって以来、いままでずっと寮生活だったため家財道具をまったく持たなかった僕は、ほぼ全ての家電をリサイクルショップで揃えました。

電子レンジ7,000円
冷蔵庫10,000円
炊飯器6,000円
洗濯機8,000円
本棚800円×4
ライティングデスク10,000円

これだけでも総額44,000円

・・・たけーよ!!

ということで、nagayan政府、かなりの緊縮財政です。
自炊始めたので、食費が広島時代の1/4くらいで収まっていることで
なんとか生きてはいけそうです。

今週末は、大学時代の友人の結婚式。
ああ、ご祝儀が痛い今日この頃。。。
[PR]

by gekiretsunagayan | 2009-06-09 10:33 | 雑感

送別会ラッシュ→熱い別れ→決意新たに。

退職し、無事に新天地に移りました。
この2週間は送別会ラッシュで怒涛の日々。
いずれも忘れがたい飲み会でした。
備忘的に、メモを残したいと思います。

5/22(金)
東京に本社を構える取引先の部長さんが、わざわざ家族で広島にこられて、
ご家族と一緒に送別会を開いてくださいました。

これまでお客さんとプライベートで飲む機会はかなりありましたが、ご家族まで
紹介されるのは始めての経験。うれしくて、ありがたくて、泣けました。

退職にあたって、いろんな人にいろんな話を聞きましたが、この日部長さん夫妻に
聞いた話も、おそらく生涯忘れられないものだと思います。

部長、ありがとうございました。
引き続きよろしくお願いします。

5/23(土)
一日中引越しをしていたのですが、あまりの単純作業に飽き、22時を過ぎてから
行きつけのスペイン料理屋へ。
「飲んでマース」というメールを地元の友人に一斉送信したところ、3人の同士が駆けつけてくれました。
例のごとく盛り上がりまくり、勢いで、なんと人生初のゲイバーにデビュー。
初めてのゲイバーは、…刺激的でした。(ポッ)

結局朝5時まで飲み明かし、終盤はほとんど記憶が飛んでます。

5/24(日)
この日は広島の若手ビジネスマンで月イチあつまる異業種勉強会。
今回は僕が「転職の勧め方と交渉術」というテーマで1時間半のセッションを担当しました。
この勉強会は約1年前に知人数人と立ち上げ、いまではメンバーも20人に迫る勢いまで広がってきました。
このコミュニティ作りの経験が、僕に次のステップを意識させたひとつのトリガーになったくらい、僕にとっては大事な仲間であり、大切な場です。

勉強会終了後は、総勢16名で盛大に送別会を開催してもらいました。
中には友人が漫才(オードリーネタ。激似!)まで準備していて、もう感激でした。

この仲間に対して恥ずかしくない結果をだすべく、・・・やるしかねえ!!

5/25(月)
この日は僕が2年間ずーと魂をかけて開拓してきた福山市のお客さんが集まってくれて、送別会を開催してくれました。
会社もばらばら、年代もばらばらなお客さん達が、誘い合って送別会を開いてくれるというのは、あんまり想定してなかったので、正直びっくり。
思えば広島に来て右も左もわからない状態からの飛び込み営業、ほんとにきつかった。
でも、そこで出会ったお客さんとはプライベートでもがっつりと付き合えるまでになりました。
送別会の途中、かなり厳しい言葉ももらいましたが、この年でそういう言葉をもらえるって結構贅沢なことだと思います。

こうして送別してくれる人の数だけ、決意が加速していきます。

5/26(火)
広島生活最後の夜。
銀行の支店の皆さんに送別会を開いてもらいました。
銀行でお世話になった皆さんに一人ひとり挨拶をしていくと、本当に退職の実感がわいてきました。
引越しが全然終わっていないのに、2次会で行きつけのスペイン料理屋へ。
そこではマスターとママさんが退職記念にネクタイをプレゼントしてくださいました。
「人生、焦らず、ゆっくりね」とのメッセージを込めて亀の柄入り。
寮に帰り着いたのは25時。そこから3時間仮眠とって、朝4時から引越しに入りました。

5/27(水)
10時に引越し業者が来て荷物を積み込み、
12時に銀行の支店で最後の挨拶をして、
13時から広島駅でスペイン料理屋のマスターと飲み、
14時44分発の新幹線で東京に発ちました。
新幹線乗り場まで6人の方が見送りに来てくれました。
旅立ちの瞬間、号泣しちゃったのは生まれて初めてでした。
みんなありがとう。

・・・で、19時に東京着。
20時から四谷でかつての上司に送別の会を開いてもらいました。
この上司とは1年しか一緒に仕事をしませんでしたが、僕の営業スタイルの礎を作ってくれた方です。
会社の話、人生の話、権力の話、いろんな話をしました。
「これからは上司-部下の関係じゃなくて、一対一の友達関係な」と言われ、また泣きそうに。
最後に足を踏み入れた新宿ゴールデン街の衝撃と共に、忘れることのできない夜になりました。

5/28(木)
明日が退職辞令の交付日ということで、この日は都内のいろんな人に挨拶をしてきました。
夜は1年目に配属された部署の先輩方に送別会を開いてもらいまして、ここでも人生について語り合いました。
会社を出るのも勇気、残るのもまた勇気。
「nagayan君との関係はこれで終わりじゃないから」との言葉、忘れられないです。

5/29(金)
ついに退職日。午前9:50に人事部に呼ばれ、人事部長からありがたい辞令(退職を許可すってやつ)をもらいました。そこから怒涛の挨拶回り。
会社の最上階8階からずら~っと1階まで。挨拶した人の数80人。「連絡くれよ」って言って名詞をいただいた方50名。
何度も泣きそうになりましたが、さすがにこの日は耐えました。
退職する身ながら、ほんとにいい会社に入社したんだなあとしみじみ。
辞めるという話を最初にしたときはかなり厳しいことを言ってくれた先輩も、この日は笑顔で見送ってくださいました。

夜は同期入社の仲間が送別会を開いてくれました。
・・・が、さすがにこの送別会ラッシュと1週間の睡眠不足で体が限界にきており、後半はほとんど死んでました。申し訳なかったです。朝まで飲んで、生まれたままの姿になる覚悟も(笑)できてたんですが体が赤信号を出しており、2時頃には解散の運びとなりました。みんなありがとう。

今回の決断についても、無条件で祝福してくれたのは同期の仲間たちであり、これからも折に触れて連絡をとっていきたい奴等です。

5/30(土)
昼間は学生時代から付き合いのあるNPOの会合に参加し、夜は大学時代の親友と飲みました。
どちらも死ぬほど熱く、改めて気合が入りました。
自分の決断に責任を持つってのは、厳しいようで、幸せなことです。
何かを決断する機会って、(仕事上のいろいろを除けば)どんどん減っていくんだと思いますが、僕の周りにはこれからも自ら決断を下そうという気迫にあふれた人間がたくさんいます。
特に、夜一緒に飲んだ彼とは、今後もしかしたら一緒に勝負する機会があるかもしれません。
熱い仲間を改めて再認識した一晩でした。


・・・ということで、連続して開いていただいた送別会を終え、5/31(日)に鹿児島に帰ってきました。

これから、新たな戦いが始まります。

「鹿児島のNPO法人でソーシャルビジネス向けのコンサルティングに従事します」と言えば聞こえは良いけど実際は泥にまみれた、汗くさーい仕事になると思います。


でも、絶対に、折れねえ。


笑顔で見送ってくれた人に恥ずかしくないように、まずは新たな職場で全力を尽くす覚悟です。
[PR]

by gekiretsunagayan | 2009-06-08 19:59 | 人間模様あれこれ