OFFENSIVE-LIFE!!


永山由高。鹿児島市32歳オトコ。鶴丸高校⇒九州大学⇒日本政策投資銀行⇒2011年7月にコミュニティデザインラボ:Ten-Lab設立。県内各地を走り回る日々。
by gekiretsunagayan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2005年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧


1年前のブログより

さてさて、2005年ものこり数分となってまいりました。
今年の頭に立てた今年の目標、ちょっと振り返りつつ反省をば。

1 就活で結果を残す
 ⇒これはまあ達成できてると思われます。
  まあ内定後にいろいろありましたが。(ありすぎましたが)
  でも後悔はしてないし、むしろいまでもベストな選択をしたと
  思ってます。

2 MPIを持続的に発展する組織にする
 ⇒うーん、これは・・・。どうだろう。
  春の公開討論会で組織としての1つの可能性を提示できたとは
  思うけど。さらに優秀な後輩に代表職を引き継ぐこともできたけど、
  持続可能な組織を作れたかと言われると苦しい・・・。
  シュウカツ支援PJでも思ったけど、組織つくりってほんと難しい。
  ということで、トッキー、頑張ってね。(丸投げ)


3 お手伝いしてる議員に学生レベルを超えたバリューを出す
 ⇒はい。これ。無理でした。
  春は討論会。夏は某代議士事務所でボランティア。秋はシュウカツ支援
  イベント、冬は卒論で。
  まとまった時間をつくって事務所に押しかけて、仕事を自ら見つけて
  せこせこ働くということができず。
  ほんとにお世話になりっぱなし、迷惑かけっぱなしで、でも何もできず、
  そもそも「学生でも何かできることがある」と思う方が傲慢なんだろうけど、
  でも「できる事があるはず」って思うところから全ては始まるでしょう。
  ・・・、などと言っても負け犬の遠吠え。
  あー。へこむ。
  悔しい限り。
  
4 周りの人を大事にする
 ⇒今年はホントに、大事にしたいと思える人にいっぱい出合った1年でした。
  で、大事にできたかどうかなんて自分では分からないけれども、何かしら
  ちょくちょく未だに連絡もらえてるとこを見ると、まあそれなりに出来てたのか
  なあと。
  今年は、春が絶好調で、夏ちょっと下降し、秋に少々バテはじめ、冬はもう
  ほんとに卒論関係で引きこもっていたので、そんな時にむりやり外に連れ
  出してくれた皆様に感謝です。
  
5 人生の指針を定める
 ⇒指針ね。これは定まりました。
  会社も決まって、具体的な社会人としての自分がイメージ出来るようになった
  ので、こっからさき何を学んでどこで動いて誰と繋がるかというところを大まかに
  想定できてます。
  これは今年に入って行政学ゼミで政治学・行政学関係の本を読みあさった
  ことが活きてきた感じです。いままでインターンとか討論会とかで感覚的に
  つかんできたものが、論理的な裏づけを得て、さらに具体的なレベルで考え
  られるようになって来ました。
  いや、必ずしも今思ってる通りの人生は歩めないだろうし歩まないだろう
  けれども。人生で成し遂げたい大目標みたいなのは確立されてきたので、
  あとはその時々で数ある選択枝のなかからベストなものを選ぶことになる
  のでしょう。
 

っということでね、今年は非常に長い1年でした。

ものすごく大事なものを失ったり、

全く新しい考え方を教えてもらったり、

一生大事にしたい大切なものを見つけたり、

生涯のライバルが現れたり、

生死の淵をさまよったり、

もうほんとに大きな1年間。


来年は、いよいよ勝負の年。

目標とかはまたおいおい書いていきますが、

先輩方に
「気合だけじゃなくて頭使え」
「いいかげんに勉強しろ」
と、会うたびに言われますので、来年はきっちり勉強して
デキル・キレル社会人になろうと思います。

という事で皆様、今年1年間ありがとうございました。

来年もよろしくお願いいたします。
[PR]

by gekiretsunagayan | 2005-12-31 23:49

忘年会シーズン

今日は、インターン先の県議の事務所の皆さんと、
県内の某大物代議士の事務所の方と、薬院の居酒屋で
忘年会。

出てくる話がどれも圧倒的なスケールで、勉強になる以前に
呑まれました。

昨日・一昨日は普通にバカのみだっただけに、今日みたいに
じっくりと話を聞ける場は、気持ちを整理したりモチベーションを
確認したりするうえですごくありがたいです。

で、箱崎駅で地下鉄降りたら猛吹雪。

ここで後輩と2人、変なテンションになって、また大学でキャッチボール。

40分ほど。

猛吹雪のなかで。

いやあ、気持ちよかったっす。

昨晩はひさびさにちゃんと寝れたし。

そろそろ回復も完了しそうなので、また明日から全力少年で。

気合い。
[PR]

by gekiretsunagayan | 2005-12-22 00:01

ひとだんらく

ようやく卒論がひと段落。

ここまで長かった。マジで。

とりあえず中間報告ということで、
まあ納得してもらえるものを出せた。

っということでね、深夜MPIの後輩を呼び出して元祖に
行ってきました。

一ヶ月ぶり。

こんなに間空いたの初めてです。
もう先週くらいから死ぬほど食いたかったので。

もうね、うまいのなんのって。

で、そのあと大学戻ってその後輩と1時間ほどキャッチボール。
これも3週間くらい前からずっとやりたかったんですげえ幸せでした。


また一週間頑張れそうです。

よーし。

気合いだー!!

トッキー、つきあってくれてありがとねー。
[PR]

by gekiretsunagayan | 2005-12-20 03:34

性格悪化

はいっということでね、いちおう卒論も提出可能なラインに
まで到達しました。

まあ、いろいろあってヒアリングが全部終わってないので、これまで
行ったヒアリングの結果を受けての考察と、現状を整理してまとめ
ただけですが。それでも1万2000字ってことで、まあこの状態なら
いたしかたない。

結局卒論かかえて年越すことになったんだけどね。

2万は書けって言われてるので、残りのヒアリングを終えてから
その考察と、まとめで8000字を年明けに書いて提出しますよ。

あーもう、年明けたら試験勉強に専念したかったのになあ。

で、寝てないし寒いしですげえ性格悪化してるところに、ここ
数週間ずっと考えてきた懸案がむくむくと頭をもたげてきて、
もう精神的にもいっぱいいっぱいなので楽しい事を考えます。


とりあえず明日から忘年会ラッシュ!

19日…ゼミ(月曜5限のゼミ)忘年会
20日…ゼミ(火曜4限のゼミ)忘年会
21日…インターン先の県議の事務所の忘年会
22日…普通に友達と忘年会
23日…同じく普通に飲み
と、まあ5連続で。


ちなみに一昨日(17日)は田島寮の忘年会でした。
さらに26日はPJ忘年会。30日はMPI忘年会です。

もうね、年、忘れすぎ。

まあ10月に就活支援イベント終わってから、なんかもうずっと卒論に
かかりっきりで、ほんとに心の余裕が無い日々が続いたから。
疎遠にしてたいろんなつながりを、年末にかけて再確認しとかないとね。


ということで、まだ27日・28日・29日の夜が空いてるんで、
なんか埋めたいなあと。

PJ裏方忘年会とか、やりたいねー。


あと、10月フォーラムで対決したmorizono氏との対談飲み会も
やってみたい。(どーよ?)

あ、今年の裏目標のひとつだった、ももてつ99年もまだ未実施なので、
年末あたりチャレンジしてみようかなあと。

そんな年末。

気合ーい。
[PR]

by gekiretsunagayan | 2005-12-19 00:36

がんばれがんばれ

さて。
卒論の第1次締め切りを月曜に控え、最後の追い込みに。

もうね、PCの見すぎで目がチカチカする。

最近はなんかもう愚痴とか弱音とかしか出そうになかったんで、
BLOGも自粛していたけれども、なんかもうそうゆうキツサを
超越してきたので書きます。(休憩も兼ねてね)

こうして家にこもって文献まとめたりグラフ作ったりしてると、
人間てほんとに内面からもわーって変なガスが出てくる感じが
しますよね。

なんかもうすげえストレスフルな感じ。

で、先日はここ2週間ほどの踏ん張りの息抜きと、
残り数日に加速をつけるために(と自分に言い訳して)
映画観て、そとで飲んできました。

映画は ALWAYS 三丁目の夕日。

いやあ、すごかった。まじよかった。

自分の中での映画ランキングで、笑いの大学を超えて単独首位に
躍り出ました。

もうね、暇な時間が1秒も無かった。
泣き所が7箇所くらいあって、ほんと大変だった。

なんか、下手な戦争映画よりも日本って国の良さというか、
そうゆうのを感じられる映画だと思う。

まだ見てない人は是非。

で、そのあと行った越後屋のもつ鍋もうまかったー。

っということで。

気合い。
[PR]

by gekiretsunagayan | 2005-12-17 02:57

巨大装置とその原動力

昨日は鹿児島から夜行バスで帰ってきて、そのまま
サプリ塾なるシュウカツ支援イベントのヘルプに。

サプリ塾ってのはこれ⇒http://supple.univcoop.or.jp/

正直、マジで凄いと思った。

就活サプリっていう冊子と連動してのイベントなんだけど、
①企画趣旨の分かりやすさ
②企業の人事と就活生を極限まで近づける工夫
③全国で同様のイベントを行うという信念
④企業側への配慮
⑤参加学生への対応
すごいよ。

こんだけのもんをゼロから作り上げ、幾人ものスタッフや生協職員
を巻き込んで実際に運営していくってのは、まあほんとにすごい。

最近ずっと卒論のことで頭いっぱいだったんで、なんかこうゆう熱いモノ
に触れるとね。やるきになるね。

ってことで。

誘ってくれたオダハラ・コモディありがとう。

気合い。
[PR]

by gekiretsunagayan | 2005-12-13 01:34

いざ鹿児島

明日から1泊2日で鹿児島いってきます。

シュウカツ支援プロジェクトの応援。

春からやってきた、HOT SPOT 九州発キャリアデザインセミナー。

福岡⇒熊本⇒北九州⇒長崎⇒鹿児島

一本のバトンが九州内を駆け巡って、南端の鹿児島へ。

前日入りしての駆け込みヘルプなんで、やれることなんて限られてる
と思うけど、まあ明るく楽しく騒いでこようと思います。

気合いだー。
[PR]

by gekiretsunagayan | 2005-12-08 20:50

例の件

そろそろ書こうかと思う。

政府系金融機関の民営化について。

いろんなひとから言われましたよ。
「大丈夫なのか?」
「おまえがやりたいことをできるのか」
ってね。

みなさん一様に、組織の存続とか採算性とか雇用確保とかよりも、おれのモチベ
ーションが保てるのかということを聞いてくる。笑。

まあ、「公的な仕事!」「政策的な視野で!」とか叫んでたもんなあ。

いや、そりゃね、多少は考えましたよ。完全な民間企業になったらもちろん
社会的利益(これをどう位置付けるかってのも議論はわかれるけど)と、
自社利益との間での葛藤がね、出て来るだろうし。

もうけてなんぼ って風潮が社内に蔓延する可能性だって(長い目で見れば)
ありえるかもしれない。

そう考えると、組織体としての存在目的が公共政策の金融手法を用いた実践である
ということに多少なりとも惹かれた自分としては、やるせない部分はある。

と、ここまでが単純に純粋に感情を吐露した感じ。

ただ、これまでの自分を冷静に省みるに、「公的な観点で」「政策的な仕事を」みたいに
言えてれば満足するみたいなところはありました。

まだ働いてるわけじゃないっすからね。
自分が社会でどんだけの価値を出せるかわからんからこそ、「この会社で
頑張れば、それは社会のためになってるってことだー」って思い込むことだってできる。


おかしな話ですよ。
民間企業だってCSRを重視するこのご時世。
民間はどこだって自社利益しか考えてないなんて、そんな話こそ失礼ですよね。


ええ、要は自己満だったわけです。


ただね、じゃあ「おれの感情(視点)」を外して、世の中目線で考えたらどうな
るの?ってことですよ。

そうゆう視点でみると、今回の政府系金融機関の再編は、大きな意味が(プラス
の意味で)あると思います。

国の財政赤字は年々増え続けている中で、行政改革と所掌事務の見直しを進めることは
政治の最重要課題。

国が政府として金融機関を持つことの必要性は疑うべくもないけど、議論になっ
てるのはその規模と形なわけで。

民間金融機関では有料取引先を奪いあってる状況です。この前なんかSMBCが
、取引先に金融商品無理やり売りつけてたとかで話題になってましたけど。

そんななかで、民間金融機関でできる仕事に政府機関が公的信用力を使って
介入していくことは必ずしも歓迎されることではないのではないかと。

あー、まあなんかすごいまわりくどい表現になってますが、そんな感じです。

個人の感情としては切ないけど、拙い政治的(政策的)価値観的に政府系金融
再編は是であると。そうゆうことです。


「再編を自認する会社になんで行くんだよ」
と突っ込まれる方があるかもしれません。

でも、民間企業だって業務見直し・組織形態革新なんて常時想定しなきゃいけないわけで。

今回は特殊法人が民間企業になるまでをこの目で見られる絶好のチャンスと捉えて
活かしていくしかないですよ。




・・・と、偉そうに言ってはみたものの。


まあぶっちゃけた話、そんなん実際入ってみないとわかんねえよ。
しかも民営化されるのなんて三年先なんだから。

まずは「結果をだせるバンカー」になることですよ。
三年後、25歳になれば、被選挙権もある。その頃には地方分権改革もある程度方
向が定まってる(はず)。

ほんとにやりたいことを、長い目でみつつやっていきます。

攻めて攻めて、最終的にギリギリででも引き分けにもっていきたいなあと。

そう思う今日この頃です。
[PR]

by gekiretsunagayan | 2005-12-04 00:14