ナガヤマブログ


永山由高。ecommit / Ten-Lab /エアギター などなど。
by gekiretsunagayan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧


時間は有限 気合いも有限

※くそ長いです。MPI関係者以外の方には多分意味不明だと思います。
  ご注意ください。

昨日はMPI福岡の5周年記念フォーラム。
代表として最後のフォーラム。

これまでに関わったフォーラムは10回。

その中でも一番しんどかった。

アンケートに「永山はあいかわらず」とか書かれたけど、
(先輩たちだって相変わらずw)
今回は「あいかわらず」だと書いてもらえただけでも
永山チームは殊勲賞だと自分では思ってます。

PJやら、
卒論やら、
ゼミ論やら、
バイトやら、
個人的な凹みごとやら、
そういうのを抱えながら、ちゃんと資料作って、パワポも作って、
いちおうフォーラムってのはこんなもんだというスタイルを見てもらえた
んじゃないかというとこまではたどり着けたと思う。

思えば、この2年間、ほんとにいろいろありました。
信頼する田島寮の先輩にだまされて(笑)連れてこられたMPI。

去年の春からは代表として、自ら組織を引っ張る役割に。

だいたいMPIなんて、やることが固定されてるわけじゃないんだから、
代表の示す方向性しだいで、どうとでもなってしまう。

そんな中、ほんとに人に恵まれて、どうにか1年半の任期をまっとうできた。

最初の1年は、先輩方に救われてのゆらゆら低空飛行。

そこから、どうにか自分のやりたいこととMPIとしての方向を絡めつつ動けるように
なったのが今年。

そこからは、もうほんとにいろんな人に助けられながら、いくつか結果を残すことが
できた。

特に春の衆議院福岡2区補選・公開討論会。

良くも悪くも、自分のMPIでの全てはここに集約されていたと思う。
そして、自分の目指す形もここにあった。

MPIっていう枠組みを超えていろんな学生が集まって、
世の中に対してほんとに価値のある何かを生み出す。

いまでも討論会スタッフの皆に会うたびにあのときの気持ちを思い出す。

時間は有限。気合いも有限。
ひとりじゃ何もできない。

だからこそ、周りを巻き込みながら、周りに巻き込まれながらやってくことが
大事だということ。
それはつまり、楽しくやるのが大事だということ。

PJにしたって
MPIにしたって、
人が集まるとこには、笑いがあって、笑いがあるとこには活力がある。



◇これからMPIを引っ張っていく後輩たちへ。

今までありがとう。

おれはMPIで、ほんとにいろんな経験をさせてもらいました。
いろんな繋がりをつくることができました。

たぶんそれは、どんなに胡散臭いといわれようと、ちゃんと正面から
ぶつかったからこそ得られたものだと思います。

逃げずに、真っ向からぶつかってください。

これからは、キミたちが主役です。
活躍を心から期待しています。



>一緒にいろいろやってくれた
みずみず、こおりゃん、くま、かなちん、おだはら、森園君、あと、ぶんぶん

ほんとにお世話になりました。

基本的に自分の角度でしか物事をみれない奴なんで、いろいろ不快な
思いをさせてしまったと思います。

自分自身のことを省みると、MPIに入ったころと比べるといろんな意味で
変わったと思います。

良くなったのか、悪くなったのかは自分ではわからないけど、
自分に影響を与えてくれた各人を見てると、
「こいつらの影響を受けて変われたってことなら、ポジティブに
捉えていいんだ!」と思えます。

ほんとうにありがとう。
そしてこれからもよろしく。


昨日、あまりちゃんと言う場面が無かったので、気持ち悪い文になっちゃいましたが、
つらつらと書いてしまいました。

さてさて、まだまだ卒論の構想文書き終ってないから、また今から文献整理。

明日は恐怖の中間発表。

死んできます。
[PR]

by gekiretsunagayan | 2005-10-30 21:56

気合いスパイラル

来春から勤める予定の政府系銀行が、経済財政諮問会議で議論の対象になっている。
8つある政府系金融の統廃合。


名前が変わるかもしれない。

業務も変わるかもしれない。


いやいや、それはかまわない。

だいたいこれまでも、時代の流れに応じてフィールドを移ってきたわけだから。


ただ、その組織に与えられた役割まで変わってしまうのは、辛い。


日本で唯一の総合政策金融機関が、
その対象を限定され、そのミッションも限定されては、
もはや総合政策金融ではないのではないか。

もう一度、自分がなんでこの銀行を志望したのか。
この銀行で何をしたいのか。
再確認してみる。

ひさびさに春書いたESを読み返してみる。

過去のBlogを読み直してみる。


そこで、ふと我に帰る。


いやいや、こんなリスクも全部飲み干して、この銀行を選んだんじゃないかと
自分を鼓舞する。


自分が就活生への支援をちょとちょことする中で、悩むことと、自分なりの答えを
見つけることの大事さを伝えたいと思うようになった。


そして、当時の自分が悩んで決めた答えは、今の自分をすげえ励ましてくれる。


よおおおおし、やるぞーーー!


フォーラムだろうが卒論だろうがかかってこいや!!


っということでね、

つい先日も人事の方から「心配すんな」メールが届いてたけれども、
大丈夫っすよ小林さん!

ほかに移るなんて気はないっすYO!


ただひとつ・・・、留年という可能性を除いてはね・・・。|,゚д゚)
[PR]

by gekiretsunagayan | 2005-10-25 18:13

だるーん

昨日は、自分の大学の学部同窓会に現役学生として参加してきた。
タダでホテルの高級料理が食べられる~♪ っという不純な動機での
参加だったものの、想像以上にスゴイ方々とお話できて感動の連続だった。

某インフラ地元最強企業の取締役の方とか、
政府系金融を途中で止めて大手製菓メーカーに入った方(常務!!)とか、
市役所の助役になって、そのご市内の博物館の館長になった方とか、

普段の生活じゃ、絶対絡めないようなすごい人たちと話が出来た。

でも、何が一番嬉しかったかって、お手伝いしてる議員の方(この人も学部の先輩)
が、開場一番に声をかけてくださったこと。

お忙しそうで、どうにも声をかけづらかったところ、議員の方から声をかけてくださって、
さらにいろいろお知り合いの方を紹介していただけて。
おかげで、立食パーティにおける攻め方を学ぶことが出来た。

ここしばらく自分のことで精一杯で、こちらから連絡もとれてなかったのに、
気にかけてくださってて感動。


で、同窓会が終わってからゼミの先生と院生の先輩と3人で軽く飲み。
卒論についてひととおりハッパをかけられる。(もちろんへこむ。)


で、それを途中で抜けて、その後はPJの裏方班で打ち上げ。
合流したのが23時で、そのまま1時まで店で飲み、
そっからウチに移動してまた激しく飲む。

もうね、今日までちびりちびり飲んでた焼酎・赤兔馬(←結構高い)1升ビンが瞬時に
なくなりました。(涙)
さらに発泡酒8本
いいちこ 5合ビン1本
500mlチューハイ 2本
を約6人で完飲。

店で飲んだ分はいつ消化したんだよと、突っ込むまもなく酒が空いていく・・・。


結果↓
ぶくぶく 1名。
酔いつぶれ 4名。

そんな感じに怒涛の週末・金曜日。

おきたら久々にすごい2日酔いでもうだめだめです。


とはいっても死んでる時間はないので、卒論の文献調査。


だるーん。
[PR]

by gekiretsunagayan | 2005-10-23 02:33

あにきー

兄弟をもってる人は多分たいていそうだと思うけど、
弟である自分は、常に3つ上の兄というひとつの指標を背負って
生きてきた。

小学校で児童会長
中学校で生徒会長。部活では主将。成績は学年トップ。
高校は県内トップの公立高。そこでも部活は主将。

小中高と、兄弟はほぼ同じコースを歩んだ。

当時、弟は兄へのコンプレックスが原動力となった。
「同じエンジン積んでるんだから」と、親に言われるたびに
歪んだやる気を奮い立たせていた。


高校卒業後。


弟は福岡の国立大へ現役合格。
兄は東京の私立大に1浪の末合格。

弟は4年で大学を卒業予定。
某政府系金融機関に内定。

兄は5年かかって今年大学を卒業。
春からベンチャー広告代理店で働き始めている。


昨日、半年ぶりに兄とちゃんと話した。


全く境遇が変わり、歩むべき方向も完全に分かれたことをお互いに認識しあう。
ひさびさに聞いた兄の声は、もはや敵のものではなかった。
兄は、こっち側の人間になっていた。

それは、たぶん、弟が兄を超えたということではないんだと思う。

兄はずっと兄として、弟を見ていたんだなあということ。
弟が、兄を兄として見れてなかったんだなあということ。

兄弟ってのは難しいもんだ。

この年になって、始めて親父とちゃんと話せたが如く、
ようやくまともに兄とも話すことが出来た。
今まで自分がなんてヒネたやつだったんだろうと思い知らされる。

もし、何かの間違いで(笑)自分が将来父親になったら
絶対子供には兄弟が必要だなあと、漠然と感じた木曜の夜。
[PR]

by gekiretsunagayan | 2005-10-21 01:24

ぬをーーーん

最近ちょっとばかりしんどいことが続きどうにもこうにも。

気合いは空回る。
体力は底をつく。

卒論関係でどばどばーっと新書を読み漁ったものの、
内容が頭に入ってない。

来週のゼミ発表の資料を読み込むも、そこから論点が
絞りきれない。

MPI10月フォーラムは、他チームとの足並みをそろえる
意識に欠けていた。

迷惑をかけてる各方面へのお詫びもできてない。


ぬをーーーーーん。

ふざけんなオレ!!

気合い出せやゴルァ!


かつてべジータは、悟空に先を越された己への怒りから
スーパーサイヤ人になった。


そろそろマジで体勢を立て直さないとやばいことになるなあ。

総論気合い。各論も気合い!!!
[PR]

by gekiretsunagayan | 2005-10-15 21:56

ひとつの区切り ひとつの始まり

10月9日をもって、この半年間ぶぉぉぉぉぉーんと働いてきた
就活支援プロジェクトが終了した。

滞りなく終わったことで、裏方としての責任は果たせたと思うが、
なにより自分らの伝えたいことが参加していただいた学生さんに
伝わったみたいで、なによりもそれが最高にうれしかった。

始まりはあまりポジティブな参加動機ではなかったものの、
いろいろ経て、どうにかこうにかやりきった。


自分にいかにコミュニケーション能力がないか。

さらに、自分がいかに自分の角度でしか物事を見れてないか。

いやというほど思い知った。


・・・とはいっても。

まあアレだ。

一緒に働いた皆に負けないためにも。

やるっきゃない!!




-PS-

こんなに更新滞ってるのに、それでも毎日チェックしていただいてる
15名/1日 の皆様。

ほんとすいません。

とりあえず卒業できるように、まずは学校がんばります。

それと、MPI!
もうすぐ5周年記念フォーラム。
代表として最後のプロジェクトなんで、気合入れていきます!!
[PR]

by gekiretsunagayan | 2005-10-11 10:29