OFFENSIVE-LIFE!!


永山由高。鹿児島市32歳オトコ。鶴丸高校⇒九州大学⇒日本政策投資銀行⇒2011年7月にコミュニティデザインラボ:Ten-Lab設立。県内各地を走り回る日々。
by gekiretsunagayan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧


元祖持ち お願いに行こう 先生に 

昨日は現代経営の試験。
いろんな人(と言っても4人だけど)に「どうだった?」って聞かれました。

どうだったと言われましても。

うーん。

書いたは書いたし、おそらく8割がた正しいこと書いてると思うけど、
なにぶん8割くらいしか書いてないもんなあ。

0.8×0.8=0.64。

60点超えてりゃ単位は出るんだけど・・・。

わっかんねぇー。

とりあえず来週あたり、先生に挨拶に行ってきます。
「ひよこをもって、気持ちを伝えに行こう~♪」

気合い。
(そして今日も試験。明日も試験)
[PR]

by gekiretsunagayan | 2005-07-20 14:19

テスト前 張り詰めた胃に 夏元祖

現在2005年 7月19日 11:23 
九州大学六本松キャンパスからの書き込みです。

さあさあ、ついにこの日がやってきました。
コア教養科目 現代経営 の試験日。

落としたら、いわゆる留年決定という大一番です。
gekiretsunagayan大学生活の千秋楽といっても過言ではない・・・!

ここまで人生のかかった試験は大学受験以来。
就活よりも公開討論会よりも初めて女の子に告白したときよりも
緊張してます。

ああああああ。

先週から各方面に対プリ捕獲の網を張りつづけ、多くの友人・後輩に
支えられてここまで来ました。

今日も6時おきで朝からノートの復習してました。
あと3時間でついに開戦。


ま・・・負けられねえ。

神様
仏様
元祖様

・・・ぼくに力と勇気とほんの少しだけ経営学の知識をください。
[PR]

by gekiretsunagayan | 2005-07-19 11:31

今日もまた テスト勉強 夏元祖

コア教養科目 その名も「現代経営」。

必修科目にして、前期のみの開講。

1年前期の敗北から、4年越しの悲願。

この2単位を落とすと、来年のこの時期もPJや議員インターン、就活やMPIを
楽しめることになる・・・。

やったー。大学生活、もうしばらく楽しめるぅ~。




・・・。





テスト期間というと、これみよがしに遊んでた1・2年の時の自分を
まじでシメてやりたい。

4年の前期にして、教養科目が残ってるすべての同志(そんなやついるのか?)に誓う。

ともに闘おう!

気合だあーーー!!
[PR]

by gekiretsunagayan | 2005-07-16 13:04

夏バテを 加速させたり 昼元祖

ちょっと小用で午前中六本松に。

箱崎に帰る途中、どうしても避けられず元祖に。(魔力)

昼元祖は午後の体調へのダメージが大きいので、あまり
得意ではないのだが、仕方なく。

夏バテ気味の弱った胃腸に容赦なく流れ込むベタナマ。(替1)

となりに座ったビジネスマン風の社員の話を聞いて和む。

A「おまえ最近夏ばて気味って言ってたやん。タマはやめとけよ」

B「んー、でもなあ。タマしないわけにはいかんちゃんねー。元祖への礼議として」

A「でもよう、今日も飲みやん。きつかバイ?」

B「止めてくれるな。」
 「すいませーん!ナマタマー!」

店員合唱「なーまーたーまー!!」

大体上記のような内容。

もう、Bさんに心の底から同意。笑
そう、自己犠牲を超えたところにある、元祖という絶対的な存在。

そんな元祖日和。
[PR]

by gekiretsunagayan | 2005-07-14 20:22

元祖は総論・・・。

MPIの7月フォーラムが無事終了。

多忙な中で主幹を仰せつかり、どうにかこなしてはみたものの、
今回はリアルにしんどかったというのが、感想その1。

感想その2
少子高齢化は確実に日本を危機的状況においやろうとしている。
人口が減少する中で、土地価格は下落を続け、労働力不足は深刻化
し、国力は右肩下がりに。(という超悲観モデルも。)
マスコミの扇動に乗っかることはないが、悲観的に準備することは大事。

感想その3
今回は、社会問題としての高齢化をビジネス-政治行政の両面から
見ようとしたが、中途半端の感も否めなかった。時間が足りない。
問題点が漠然としているからこそ、しっかり軸足を固定して見る必要が
あったかもしれない。

感想その4
MPIがやってることは、短期的にはまったく意味がないかもしれない。
個人的な成長すら感じられなくなったら、そこにとどまる意味を見つけ
にくくなる。
でも、世の中に本物の価値を提供したいという思いからくる行動は、
自己実現の欲求・成長の欲求を超えたところにあると始めて感じた。

感想その5
そうは言っても、なにごとも楽しくするのは大事。義務感が漂いだすと
重くなっちゃって身動き取れなくなる。

感想その6
フォーラムは総論楽しい。

感想その7
MPIは総論楽しい。


以上。

ひさびさに1日あいたので、この週末はいろんなことを考えた。

いろんなことを考えたら、急に元祖が食べたくなったので、元祖へ。

っといったところで、2日で2回も元祖にいくという暴挙。


感想その8
元祖は総論・・・。
[PR]

by gekiretsunagayan | 2005-07-11 11:50

ロジカルじゃないとやってけねえ

ほんっとに忙しい状態が続くから、段取り考えて
懸案から優先的にかたずけていくしかない。

そうなると必然的に、そのときとりうるすべての可能性
を挙げて、最適解をとらないといけない。

ブレスト⇒グルーピング⇒優先順位確定⇒実行

この流れは、別に誰から教わったものというわけでもなく
仕事する上で自然と見についたもの。

ここ数ヶ月、ときおり「ロジカルですね」なんて嬉しい言葉
をかけてくれる人がいますが、そんなことないっす。

多重債務者の生きる術です。
誇れるもんじゃありません。

気合いです。
[PR]

by gekiretsunagayan | 2005-07-07 22:34

寛容であるということ ビジョンをしめすということ

どう立ち回ればいいかわかってるのに、そう行動できないことがあるわけで。
そういうときは、ひたすらへこむわけで。

もうなんかごめんなさい。

自分の角度でしかものを見れないんですよ。
基本的に。

いやあ、ガツンとくらいましたよ。ひさびさに。

たとえばトップに立つ人間が自分の視点でしか物事を見れなかったら、
その組織は迷走します。
さらに、トップに対して適切なコントロールが効かない状態であれば、
その組織は破綻します。

さて、どうしようか。

とりあえず今週を乗り切ってから、山にでも篭もります。
[PR]

by gekiretsunagayan | 2005-07-07 11:25

東京‐出会い‐再会

7月1日

会社の内々定式に出席するため、東京へ。

昼過ぎに健康診断を受ける。
両目の視力が相変わらず<1・5以上>。
たぶん2.0くらいあるはず。
もちろん裸眼す。このご時世、恥ずかしくて言えない。

血液検査のとき、普通に一般職の事務の方っぽい女の人に
注射されてマジびびる。
すげえ痛いし。

夕方から内々定式。
人事部長⇒人事課長と、長めのありがたい講話の後、各自で自己紹介。
いやあ、皆さん芸人さんでした。

夜は懇親会。
本店の8階会議室で2時間ほど立食ぱーてー

その後、銀座で2次会

さらに地方組みを中心とするメンバーで3次会(@ホテル)

終了はAM5:30

いやあ、熱い夜でした。

とくにAM2:00あたりから、政府系であることの意義と限界を
論じてたとき、「こいつらと一緒に仕事できるんだー」って喜びが
沸々と湧いてきて、なんかもう泣きそうでした。

がんばらねば。
まけられねえ。


7月2日

9:20頃、おきて、10時ぎりぎりにチェックアウト。
昼頃に新宿でMPIの先輩2人と合流。

どっちもこの春から金融に勤めてる方なので、これからの学生生活
などを相談。やっぱ財務諸表の見方ぐらいは見れるようになってないと
厳しいかなあという話に。

その後、この春からITコンサルに転職された先輩&販売系にお勤めの
先輩と合流して、人生について語りながらまったり飲む。

日付けが変わったあたりからは、もう話も支離滅裂になりながら
どばどば~っと話しまくった。
ひさびさにぶっちゃけた話ができて、かなり気合いが補充される。

解散後、六本木のネカフェでしばし時間を潰してから、福岡行きの
始発で帰る。

2泊3日の東京行きだったけど、得るものはめちゃくちゃでかかった。
自分がどんなに幸運で、どんなに未熟で、どんなに世間知らずで、
先輩がどんだけ頑張ってて、その人たちにどんだけ期待されてて、
さらに一緒に働く予定の同期がどんなに凄いやつらか。
よくわかった。

このままの状態で来春、東京行っても、間違いなく勝負できない。

やらねば。いろいろ。

気合い。
[PR]

by gekiretsunagayan | 2005-07-04 00:56