「ほっ」と。キャンペーン

OFFENSIVE-LIFE!!


永山由高。鹿児島市32歳オトコ。鶴丸高校⇒九州大学⇒日本政策投資銀行⇒2011年7月にコミュニティデザインラボ:Ten-Lab設立。県内各地を走り回る日々。
by gekiretsunagayan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:Ten Doku( 11 )


電子書籍出版しました

大変御無沙汰いたしております。

永山です。

さて、久々のBlog更新が宣伝となってしまい、まことに恐縮ですが、
このたび、電子書籍を出版することとなりました。

TenDoku Book はじまりとこれから

今年(2010年)、1月から始めたTenDokuという読書会の
成長の軌跡と今後の展望についてまとめました。

内容については電子書籍を読んでいただければと思いますが、
今回はこの「本を書く」というプロセスを通して思ったこと、気付いたことを
備忘メモ的に。

①なぜ書こうとおもったのか
そもそもこの本を書こうと思ったきっかけは、最近TenDokuのことをいろんな
メディアで取り上げて頂く機会が増える中で、きっちりと主旨が伝わらないことが
増えてきたことにあります。
ちょっと乱暴な言い方になりますが、TenDokuという取組みが、いわゆる「街づくり」
的な見方をされることが増えたということに対する焦りがあったということです。
僕は「街づくりのため」にこの活動をやっているわけではありません。
この活動は、この場に参加していただく皆さんのためのもの。
そういうことを伝えるために、まずはこのBlogに記事を(非公開で)書いたのが
始まりです。書いてみて、これをそのままこのBlogに書くのはちょっと
もったいないなあと思いまして。
そこで、TenDokuの仲間に「これ、加筆して電子書籍にしたらどうだろう?」と
打診してみた次第です。みんな二つ返事で了解してくれました。

②なにが価値なのか(何を書きたいのか)
しかし、いざ書くとなると、僕の自己満足な文章では商品価値はありません。
少なくとも有料の書籍として発行する以上は、買っていただけるお客様に対して
金額以上の価値を御提供したい。
そう考えて、このタイミングで電子書籍を発行することで提供可能な価値を整理しました。
ⅰ)TenDokuのような場をこれから作りたいという人への勇気づけ/参考事例紹介
ⅱ)これからTenDokuにもっと主体的に関わりたいという人への情報開示
ⅲ)TenDokuの存在は知っているが、なかなか参加に踏みけれない人への後押し
以上のような執筆方針をとることにしました。

③コンテンツ(どう書くのか)
この価値を伝えるために、どんな切り口が有効か。
主宰である僕の独白スタイルだけでは、TenDokuの持ついろんな側面を伝えきれない。
そう思って、TenDokuをとりまく複数の当事者にインタビュー記事を寄稿してもらうことに
しました。
さらに、TenDokuの師匠でもある関東最大の読書会コミュニティ Reading Labの加藤さんとの対談も掲載することで、読書会という場のフロントランナーの考えも盛り込むことにしました。
こんな形で、コンテンツについても一つ一つ積み上げていったのです。

そんなこんなで、どうにか年内発行に間に合った電子書籍。

この年末の忙しい時に、約2週間で執筆⇒編集⇒校正⇒出版という一連の流れを終える
ことができました。

正直しんどかった。

僕一人では、ぜったいに書き上げることはできなかったと思います。

一緒に考え、悩み、手を動かしてくれた仲間に感謝、です。

だってだって、12月24日(クリスマスイブ)23時にも3人でスカイプMTGですから。

12月25日0:00をスカイプ上で迎えましたから。

今回は、僕の力不足でかなり非効率な執筆になってしまいました。

けれど、いまのTenDokuを支えているメンバーとこの作業を共有することができたのは
大きいと思います。

TenDoku Bookの中に「価値の輪郭」という言葉を使っていますが、今回の電子書籍
執筆は、まさにこの「価値の輪郭」を確認する作業でした。

辛いけど、楽しい。
書くうちに、すこしずつTenDokuという仕組みへの確信がもててくる。
そんな作業でした。

この時期に、こういった形で一つの足跡を残すことが出来て本当によかったなあと思っています。



最後に。


あの電子書籍には、特に僕からのあとがきを書いていません。
一緒に動いてくれた案内人や、アドバイスをくださった皆様に、ここでお礼のメッセージをば。

⇒加藤さん
リーラボなくして、TenDokuはありませんでした。
そして、加藤さんなくして、TenDoku Bookはありえませんでした。
この場を借りて、改めてお礼申し上げます。

⇒美佳ちゃん&志保さん&赤星
ほんとうにありがとう。
Blogの記事という私的なメモが、みんなのおかげで本になりました。
TenDokuという場の価値に輪郭をつけていくという本当にタフな作業でしたが、
このチームのおかげで乗り切れました。引き続き宜しくお願いします。

⇒れくたすおさん(うわがきさん)
インタビューへの対応、ありがとうございました。
中にいる僕たちでは書けない内容でした。
あの記事で、中身にぐっと厚みを増したように感じます。

⇒なかしまさん
数々のアドバイス、本当にありがとうございました。
まだまだご期待いただいた水準には届かないものと思いますが、
引き続き精進いたします。ご指導のほど、宜しくお願い申し上げます。

⇒平川さん
オビの作成!ありがとうございます!!
早速パブーの表紙を更新しました。
TenDoku Book 2 (来年末に刊行予定?)では独白記事をお願いします。

⇒あきひさくん、にの、りゅうじくん
TenDoku Book 公開イベントでのファシリ、ありがとうございました。
お三方の数々の名采配なくして、今年のTenDokuの成長はありえませんでした。

⇒そのほか、今年のTenDoku(SenDoku含む)にご参加いただいた皆様に心からお礼申し上げます。
家村さん、コウジさん、アヤさん、ほんのせんせ、あかりさん、金子さん
いずみん、しょうごさん、黒田さん、まつきよさん、岩男さん、谷さん、ノリゾーさん、
みにまれっつ、ちえふる、とーごーさん、上山さん、野村さん、森山さん、りかさん、
ゆみさん、下堂園さん、大野さん、松元さん、河口さん、秋月さん、鹿子木さん、
ばかちん、たこはん、岩下さん、なおさん、みなみん、みなみんのお姉さん
いっちー、とりこさん、いなだりあん、あくねさん、だーはまさん、あたさん、
伊集院さん、小澤さん、金久さん、古瀬せんせ、たかちゃん、なかしまあつしさん、
のざきくん、坪内さん、知識さん、時任さん、池松さん、かおりさん、角さん、
ロビンソンさん、まゆさん、久保君、たつおさん、 中尾さん、瀬戸山さん、
福さん、And more…
[PR]

by gekiretsunagayan | 2010-12-27 22:39 | Ten Doku

次回TenDoku(第5回) ご案内

さてさて、みなさま、GWの予定は埋まってますか?
僕は第3のふるさと、広島に帰省する予定です。
お好み焼きくうどー!懐かしい面々に会うどー!

さて、次回のTenDokuは、お世話になりましたミスド 天文館店を
離れて、天文館のおしゃれカフェ『colors』さんを使わせていただくことになりました!

このカフェは、鹿児島から本気でJリーグを目指すという旗印で
この春に立ち上がったサッカーチーム「FC KAGOSHIMA」の
オフィシャルカフェです。

HPはコチラ

ミスドさんに育てていただいたTenDokuも、ついに天文館の大海原に船出しました。
もっともっとおっきくなって、ミスドさんの2Fを占領できるくらいのコミュニティになって
戻ってきたいとおもっております。(って、迷惑か。笑。)

------以下、概要--------

日時:平成22年5月9日(日) 10:00開始
場所:鹿児島県鹿児島市東千石町2-19-2F
FC KAGOSHIMA オフィシャルカフェ『colors』

やること:
①参加者はそれぞれ一冊、おすすめの本を持参します。

②まず"1分半"でその本について説明していただきます。

③その後、参加者でフリートーク。
もっと本についてご紹介いただいても良いですし、
皆でディスカッションになっても面白いと思っています。
フリートークは最大5分。

これで1ターム(=1人分)が終了です。
グループの人数分(目安4~6名)行います。
「本の概要」「気づき」「意見」「ネクストアクション」などを
織り交ぜていただけると面白いと思っています。


対象とする方:
・ビジネススキルを高めたい
・様々な価値観に触れたい
・人脈を広げたい
・朝の時間を有効に使いたい
・『colors』さんに行ってみたい

対象とする本:
・ビジネス書
・哲学、歴史、小説
・雑誌
・詩集
・写真集
・マンガ

以上です。

あまりに人数増えすぎるとお店にも迷惑がかかりますので、
今回も事前予約を募ります。
定員は、12名ということで。

予約は、このBrog上にてコメントをご記入いただくか、もしくは
Twitterにて私にメッセージください。
Twitter名:nagayaaan


<以下、ご参考>
※前回(第4回)のご報告はこちら

※なお、本企画は関東圏域にて絶大な支持を誇る読書会「Reading-lab」様の
活動を参考にさせていただいております。

Reading-lab 活動概要はコチラ

-------------------------

今回は、素敵カフェを使わせていただいての開催。

皆さんにお会いできるのを楽しみにしております。
ご新規様もぜひどうぞ。多くの申し込み、お待ちしておりますっ!!
[PR]

by gekiretsunagayan | 2010-04-23 19:41 | Ten Doku

TenDoku 第4回のご報告

遅くなりましたが、天文館で朝読書 TenDoku 第4回の開催報告を。
(TenDoku のご案内はコチラ

第1回2人→第2回4人→第3回11人と膨らんできたTenDoku,第4回の今回は
14人の参加!今回はなんとキャンセル待ちまで!いやー、なんか照れますね、
この「キャンセル待ち」という響き。ニヤニヤ。

学生さんから、年配の方まで、幅広い層のみなさんにご参加頂きました。

<以下 概要>
日時:平成22年4月11日(日)10:00~11:40
場所:ミスタードーナツ 天文館店 2F奥
参加者:14名
紹介された本:
FREE経済学入門
強く生きる言葉
世界で1つだけの絵がかけるほん
サンクチュアリ
音楽家のためのアレクサンダー・テクニーク入門
地球を遊ぼう
夢が現実化する「1枚図解」
場回しの技術
村上ポンタ秀一ドラムメソッド
アルケミスト
何をやってもダメだった私が、教わったこと。気づいたこと。実行したこと。
AILA
ゲド戦記
希望学

今回は、写真集とか!ドラムメソッドの本とか!ほんとに、こういう機会でもないと
触れないであろう本がいっぱい!刺激的な時間を過ごせました。

それと、TenDokuに集まっていただける方はみなさん前向きな方ばっかり。
最後のフィードバックタイムでも、本の内容と合わせて,参加者の皆さんとの交流に
意義を感じていただいた方が多くて嬉しかったです。

本のセレクトって、その人の人となりがでますしね。

あらためて本の力というものを実感しています。

<今回のあれこれ>
・リピーターが半分という、理想的な参加者構成。
・今回は人数が多かったので,2つのテーブルに別れ、 izumin222 さんに一方のテーブルのファシリをお願いしました。(ありがとうございました!)
 こんな感じで、いろんな方にファシリをやっていただけると嬉しいですね。

<次回に向けてやっていきたいこと>
・次回は、ミスドさん以外での開催を模索したいと考えています。
 (天文館で、休日10時~12時に使えるカフェをご存じの方,ご一報ください。)
・キャパしだいだけど、定員は20人くらいまでいけるかも。
・TenDoku HPについても、僕の個人的Blogじゃなくて、もっとちゃんとしたHPを作った方がいいと思われますね。この辺は、その筋に詳しい方のご協力をいただけると嬉しいなあとおもったり。おいおい探していこうと思います。

b0049873_1123257.jpg
b0049873_1124385.jpg

[PR]

by gekiretsunagayan | 2010-04-16 01:15 | Ten Doku

天文館で朝読書 TenDoku 第4回のご案内

新年度が始まりましたねっ!
皆様、新しいスタッフや新入社員の皆さんと、フレッシュな気持ちで
活動しておられるのではないでしょうか。

ワタクシ、初めてNPO法人スタッフとして年度末を体験し、銀行員時代に
近い業務量と疲労感に、若干の懐かしさを覚えた1ヶ月でした。苦笑。

さてさて、そんなこんなで、天文館で朝読書Ten Doku も4回目を迎えました。
今年4回目の「天文館で朝読書 TenDoku」を、下記にて開催します。

日時:平成22年4月11日(日) 10:00開始
場所:鹿児島県鹿児島市東千石町14-16
ミスタードーナツ 天文館ショップ 2F 奥の席
(フェスティバロ向かい、ドコモショップ横)

やること:
①参加者はそれぞれ一冊、おすすめの本を持参します。

②まず"1分半"でその本について説明していただきます。

③その後、参加者でフリートーク。
もっと本についてご紹介いただいても良いですし、
皆でディスカッションになっても面白いと思っています。
フリートークは最大5分。

これで1ターム(=1人分)が終了です。
グループの人数分(目安4~6名)行います。
「本の概要」「気づき」「意見」「ネクストアクション」などを
織り交ぜていただけると面白いと思っています。


対象とする方:
・ビジネススキルを高めたい
・様々な価値観に触れたい
・人脈を広げたい
・朝の時間を有効に使いたい
・新年度、新しいことを始めたい

対象とする本:
・ビジネス書
・哲学、歴史、小説
・雑誌
・詩集
・写真集
・マンガ

以上です。

あまりに人数増えすぎるとお店にも迷惑がかかりますので、
今回からは、事前予約を募りたいと思います。
定員は、12名ということで。

予約は、このBrog上にてコメントをご記入いただくか、もしくは
Twitterにて私にメッセージください。
Twitter名:nagayaaan

当日は ☆「天文館で朝読書『TenDoku!』開催中」☆ というフリップを
机の上に置いてますので、参加の方はオススメの本を持参のうえで
ミスタードーナツ 天文館ショップへどうぞ!

前回のご報告はこちら
第3回 TenDoku 報告


※なお、本企画は関東圏域にて絶大な支持を誇る読書会「Reading-lab」様の
活動を参考にさせていただいております。

Reading-lab 活動概要はコチラ
[PR]

by gekiretsunagayan | 2010-04-03 13:46 | Ten Doku

天文館で朝読書 TenDoku 第3回ご報告

天文館で朝読書 TenDoku 第3回の開催報告を。
(TenDoku のご案内はコチラ

年明けから始めましたTenDokuも第3回を迎えました。
今回は、なんと10名の方にご参加いただき、僕も含めると
11名での開催に。

<以下 概要>
日時:平成22年3月14日(日)10:00~11:40
場所:ミスタードーナツ 天文館店 2F奥
参加者:11名
紹介された本:①僕の鹿児島案内
         ②レバレッジ シンキング
         ③剣道日本 2010年4月号 
         ④運の管理学
         ⑤僕を探しに
         ⑥モモ
         ⑦世界一やさしい問題解決の授業
         ⑧NLP速読術  
         ⑨風が吹くとき
         ⑩たった一人で人を動かす 新プラットフォーム思考
         ⑪News from Paradise

絵本、雑誌、児童文学、ビジネス本、ガイドブック、フォトブックと、幅広いラインナップ
このジャンルの幅広さがTenDokuの魅力です。普段は接しない本や雑誌から
視野が広がったり。
b0049873_2151169.jpg


<会の流れ>
①自分のお気に入りの本を、1分半で紹介し
b0049873_21583577.jpg


②その本について、みんなでフリートーク(5分)
b0049873_221223.jpg


③これを、人数分まわす。
※今回は、人数が多かったので、2グループに分けました。
b0049873_21535678.jpg


これまでは、「果たして鹿児島には読書会の需要があるのか」と、恐る恐る
やっていた部分が大きかったのですが、今回でひとつの壁を越えた
という実感があります。たぶん、ニーズは、ある!

<今回のあれこれ>
・11名のうち、2名が過去2回のリピーターでした。(これは嬉しかった!)
・また、前回参加者様のご紹介で新規で参加された方も。(これも嬉しかった!)
・参加11名中で、7名がアイフォンユーザーでした。(すごい割合)
・そして7名のアイフォンユーザーのうち4名はTwitterでTenDokuを知って
 くださったとのこと。(これもすごいこと)

<次回に向けてやっていきたいこと>
・これからは予約とろう(人数増えすぎるのもちょっと大変)
・場所、いろいろ試してみよう(ミスドは次回まで)

っということで、非常に素敵な時間をすごせました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
最後の振り返りで「持ってくる本を選ぶ作業自体がいい経験になった」
「本だけじゃなくて、いろんな気づきをもらえた」という嬉しいフィードバックも。
これは主宰者としてとーっても嬉しかったです。

次回は4月11日(日)10:00開始。
今後も TenDoku を宜しくお願いします。
[PR]

by gekiretsunagayan | 2010-03-15 06:32 | Ten Doku

第3回天文会で読書会「Ten Doku!」、開催のお知らせ!

今年3回目の読書会 In 天文館、を下記にて開催します。
(今回から、「Ten Doku!」と英語表記。)

日時:平成22年3月14日(日) 10:00開始
場所:鹿児島県鹿児島市東千石町14-16
ミスタードーナツ 天文館ショップ 2F 奥の席
(フェスティバロ向かい、ドコモショップ横)

やること:
①参加者はそれぞれ一冊、おすすめの本を持参します。

②まず"1分半"でその本について説明していただきます。

③その後、参加者でフリートーク。
もっと本についてご紹介いただいても良いですし、
皆でディスカッションになっても面白いと思っています。
フリートークは最大5分。

これで1ターム(=1人分)が終了です。
グループの人数分(目安4~6名)行います。
「本の概要」「気づき」「意見」「ネクストアクション」などを
織り交ぜていただけると面白いと思っています。


対象とする方:
・ビジネススキルを高めたい
・様々な価値観に触れたい
・人脈を広げたい
・朝の時間を有効に使いたい
・ホワイトデーという恐怖の一日を、自己投資に使いたい。(笑)

対象とする本:
・ビジネス書
・哲学、歴史、小説
・雑誌
・詩集
・写真集
・マンガ

以上です。

自由な雰囲気で開催したいので、とくに事前予約等は募りません。
興味関心のある方は、10:00に、ミスドの2階にお越しくださいませ。
※主催者の「ヒト来るかなあ」という不安を解消してあげる!という
心優しい方は、事前に↓コメントをいただけると幸いです!

もしくはTwitterにて私にメッセージください。
Twitter名:nagayaaan

当日は ☆「天文館で朝読書『TenDoku!』開催中」☆ というフリップを机の上に置いて
ますので、参加希望の方はオススメの本を持参のうえでミスタードーナツ 天文館ショップへ
どうぞ!

前回のご報告はこちら↓

天文館で朝読書 第2回 参加者 4名!

※なお、本企画は関東圏域にて絶大な支持を誇る読書会「Reading-lab」様の
活動を参考にさせていただいております。

Reading-lab 活動概要はコチラ
[PR]

by gekiretsunagayan | 2010-03-08 06:13 | Ten Doku

天文館で朝読書! 第2回 終わりました!

天文館で朝読書! の第2回、終了しました。

今回はTwitterでの集客にて、3名のお客様が!

私含めて4名での開催でした。

いやー、鹿児島にもこういう企画に乗ってくれる方って、いらっしゃるんですね。

今回、皆さんが紹介された本はこちら↓

日本でいちばん大切にしたい会社
マンダラ手帳術
Top Point
Love You Forever

b0049873_1405367.jpg


いいですねえ、ビジネス書あり、雑誌あり、絵本ありの、このカオスっぷり。笑。
特に絵本ってのは、かなり嬉しかったです。こういう展開、期待してました。

予定通り、1分半で本の紹介→その後5分のフリートークを×4人分。
普段の自分のアンテナには引っかからないような気付きや刺激をもらう、かなり素敵な時間でした。


そして!

なんと私以外のお三方は皆さん当然のようにアイフォンユーザーでした。
うむむ。
これはもう真剣に購入を検討せねば。

さらに!

参加いただいたうららさんが、
噂のポーケンを持っているのを発見!

ついにリアルユーザーを鹿児島で発見しました!

これもそろそろ導入しようかなあ。


・・ということで、紹介いただいた本もかなり面白かったですし、その後のフリートークでもいろんな刺激を頂戴しました。皆さん、ありがとうございました。

皆さんにも好評を頂いたようなので、今後も地道に継続してやっていこうと思います。

ということで、みなさま、Ten Doku! (英語標記にしてみました)を、今後とも宜しくお願いいたします。
[PR]

by gekiretsunagayan | 2010-02-14 14:06 | Ten Doku

天文館で朝読書(第2回!)

天文館で朝読書『てんどく!』 開催

今年2回目の読書会 In 天文館、第2回を下記にて開催します。
(今回から、「てんどく!」と称してみます。)

日時:平成22年2月14日(日) 10:00開始
場所:鹿児島県鹿児島市東千石町14-16
    ミスタードーナツ 天文館ショップ 2F 奥の席
   (フェスティバロ向かい、ドコモショップ横)

やること:
 ①参加者はそれぞれ一冊、おすすめの本を持参します。

 ②まず"1分半"でその本について説明していただきます。

 ③その後、参加者でフリートーク。
  もっと本についてご紹介いただいても良いですし、
  皆でディスカッションになっても面白いと思っています。
  フリートークは最大5分。

これで1ターム(=1人分)が終了です。
グループの人数分(目安4~6名)行います。
「本の概要」「気づき」「意見」「ネクストアクション」などを
織り交ぜていただけると面白いと思っています。


対象とする方:
 ・ビジネススキルを高めたい
 ・様々な価値観に触れたい
 ・人脈を広げたい
 ・朝の時間を有効に使いたい
 ・バレンタインデーという恐怖の一日を、自己投資に使いたい。(笑)

対象とする本:
 ・ビジネス書
 ・哲学、歴史、小説
 ・雑誌
 ・詩集
 ・写真集
 ・マンガ
  
以上です。

自由な雰囲気で開催したいので、とくに事前予約等は募りません。
興味関心のある方は、10:00に、ミスドの2階にお越しくださいませ。

当日は ☆「天文館で朝読書『てんどく!』開催中」☆ というフリップを机の上に置いて
ますので、参加希望の方はオススメの本を持参のうえでミスタードーナツ 天文館ショップへ
どうぞ!


※なお、本企画は関東圏域にて絶大な支持を誇る読書会「Reading-lab」様の
活動を参考にさせていただいております。

Reading-lab 活動概要はコチラ
[PR]

by gekiretsunagayan | 2010-02-09 20:53 | Ten Doku

【開催報告】 天文館で朝読書

先日開催しました、天文館で朝読書、結局川内市在住の男性(32歳)の方が
お一人いらっしゃいました。

第一回としては、人が来ただけでも成功かなと。

今後も地道に続けていきます。


<以下、開催報告>

天文館で朝読書 「Reading-Labo in Tenmonkan」
日時:平成22年1月11日(祝) 9:00~11:00
場所:鹿児島県鹿児島市東千石町14-16
    ミスタードーナツ 天文館ショップ

参加者:2名
紹介された本:
日本銀行は信用できるか
けものみち
君たちに明日はない
[PR]

by gekiretsunagayan | 2010-01-14 22:59 | Ten Doku

天文館で朝読書!

今年の目標の一つであった、「読書会 In 天文館」。
早速第1回を下記にて開催します。

天文館で朝読書 「Reading-Labo in Tenmonkan」

日時:平成22年1月11日(祝) 9:00~
場所:鹿児島県鹿児島市東千石町14-16
    ミスタードーナツ 天文館ショップ

やること:
 ①参加者はそれぞれ一冊、おすすめの本を持参します。

 ②まず"1分半"でその本について説明していただきます。
  (タイムキーパーつけます。笑。)

 ③その後フリートーク。
  もっと本についてご紹介いただいても良いですし、
  皆でディスカッションになっても面白いと思っています。
  フリートークは最大5分。

これで1ターム(=1人分)が終了です。
グループの人数分(目安4~6名)行います。
「本の概要」「気づき」「意見」「ネクストアクション」などを
織り交ぜていただけると面白いと思っています。


対象とする方:
 ・様々な価値観に触れたい
 ・人脈を広げたい
 ・朝の時間を有効に使いたい
 ・おもしろい仲間と本を通して知り合いたい。
  
以上です。

自由な雰囲気で開催したいので、とくに事前予約等は募りません。
③連休最終日に特段予定のない方は是非ぷらっとお立ち寄りください。

当日は☆「Reading-labo 開催中」☆というフリップを机の上に置いて
ますので、参加希望の方はオススメの本を持参のうえでミスタードーナツ 天文館ショップへどうぞ!





※なお、本企画は関東圏域にて絶大な支持を誇る読書会「Reading-labo」様の
活動を拝見したワタクシが勝手に始めるものです。

☆Reading-labo とは☆

<以下、リーラボ本家より抜粋>

読書朝食会"Reading-Lab"は、個々人がオススメの本を持ち寄り、
グループ内で本を紹介し合う朝食会を基本とした読書コミュニティ。
「本を通じて人生をより豊かにする仲間が集う場」
をコンセプトにしています。

読書から得られることは非常に多く、
それを朝に皆で時間を過ごしながら共有していくことは、
非常に意義があることと思われます。

この朝食会で様々な価値観に触れ、
学んだことを実践・定着することによって
より豊かな人生を過ごすための一歩になれば幸いです。

<対象>

下記項目のどれか1つでも当てはまる方

・ビジネスリーダーになりたい
・起業したい
・ビジネススキルを向上させたい
・様々な価値観に触れたい
・人脈を広げたい
・朝の時間を有効に使いたい


<内容>

1.個々人が「これはいい!」という本を共有する
2.ひとつの本について議論or輪読する
3.著者を招待、著書について語ってもらい、議論する


<本>

・ビジネス書
・哲学、歴史、小説
・雑誌
・詩集
・写真集
・マンガ

最終的に人生に役に立つ、価値観が広がると
思える本なら何でも構いません。


<時間>

・平日:7時から1時間くらい
・土日:8~10時から2時間くらい(平日より少し遅め)
[PR]

by gekiretsunagayan | 2010-01-06 19:02 | Ten Doku