ナガヤマブログ


永山由高。ecommit / Ten-Lab /エアギター などなど。
by gekiretsunagayan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

起業支援 という、無責任

先日、起業支援を仕事にしている方とちょっとご一緒させていただきました。

そのかた曰く、「nagayaaan、いつまでサラリーマン続けるの?このままだと、社長の下で一生使われる人生だよ?」と。

「ほほう」と、思いました。

起業支援の目的って、起業させることなのかー。と。
その中身や、その後のビジョンとか、そういう一番大事なものを全部無視して、「起業=善」みたいな構図でコミュニケーションを迫られたことに若干の違和感が。

社長になるのは簡単だけど、社長で居続けるのは本当に難しい。

その方(まだまだお若い方ですが)も、その辺のことを知らないはずもなかろうに。

確かに、成熟⇒衰退の一途をたどる地方経済において、イノベーションを伴った新規事業が求められているのは間違いないことだけれども、そのことと、独立起業を薦めるということは直接的には一致しないでしょうに。。。

この地で1年、ベタベタなNPO支援、地域密着企業の調査をしてきましたが、今必要なのは、リーダーを支えるセカンダリー層。社長の右腕。

先日のエントリーで書きましたが、冷静な、かつリスクを担えるフォロワー。

そこだと思うんだよなあ。

高度経済成長を支えた日本の大企業において、猛烈に働いてきた日本のサラリーマンには、ある種フォロワーとしての覚悟がいっぱい詰まってたと思うのです。
これから起業する人にとっても、まず一番欲しいのは、一緒にリスクをとってサポートしてくれるフォロワーだと思うのです。

起業支援の一番の方法は、その人のフォロワーになってあげること。
仕事として起業支援するのであれば、一番のフォロワー(だったり、メンターだったり、連携相手だったり、顧客だったり)を見つけてあげることだと思う。

(もっと言うと、)起業支援を生業としてやってる人が、顧客確保のために起業の勧めを説くのはわかるけど、サラリーマンとして幸せに生活してる人をだまして、無理くりチャレンジさせるようなことはしてほしくないなあと、そう思ったわけです。

以上、もちろん自戒も込めて。
[PR]

by gekiretsunagayan | 2010-07-10 12:19 | 雑感
<< KOSHIKI ART PRO... フォーマレッツのコンサートに行... >>