OFFENSIVE-LIFE!!


永山由高。鹿児島市32歳オトコ。鶴丸高校⇒九州大学⇒日本政策投資銀行⇒2011年7月にコミュニティデザインラボ:Ten-Lab設立。県内各地を走り回る日々。
by gekiretsunagayan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

地域のシンボル的な石蔵が取り壊されたことに対する反応を参考に、対話に必要な2つの軸を考える

鹿児島の湾岸地区にあった素敵な石蔵が取り壊されているというフィードがFacebook上で複数人にシェアされていて、取り壊しの様子を悲しむ声と、その土地で石蔵の跡地にできるのがコンビニだということを嘆く声が散見される状況。

b0049873_9474324.jpg

写真は友人の坂口修一郎さんのInstgramより。

僕も一鹿児島県民として、素敵な石蔵が壊されることに悲しい気持ちを表明しつつ、このような事態に対話という手段からアプローチする上で大切にしたいことをを考えてみた。

今回のような自分たちの暮らしにつながる場所で個別具体的な価値観の衝突がおきたとき、どちらか一方を非難するのではなく、相手の考えに対する人間的共感をもちながら、すれ違いを両者で共有しながら、共に未来を描くようなプロセスをつくっていきたいと僕は思っている。

そのために、僕が個人的に大切だと思う2つの考え方をご紹介したい。

①共感の姿勢:「石蔵を壊すという決断をした誰か」に、歩み寄る気持ちを持つこと。



b0049873_10354859.jpg

共感の姿勢。 あなたと価値観の異なる誰かの、本質的なニーズをくみ取ろう。

今回の件でいうと、石蔵の取り壊しを決めた誰かが、やむに已まれず取り壊すにいたったかもしれないというところまで一度想像できるかということ。
「コンビニが出来るらしい」という報に対して、「コンビニなんてどこにでもできるじゃないか!」と憤るのではなく、
「コンビニを創りたいと思った人にはどんなニーズがあったんだろう?」と想像することから始めるということ。

NVC(共感コミュニケーション)というコミュニケーションの技法がある。
もともとはマハトマ・ガンディーのコミュニケーションを研究するなかで体系化された共感を軸にしたありかたで。
NVCとは、「世界のあらゆる人のあらゆるニーズに対して、人は共感することができる」という考え。
どんな行動にも背景があり、人間のすべての行動は突き詰めていくと人類として根源的なニーズに行きつくと。
そして、その人類としての根源的なニーズそれ自体は、すべての人にとって共感可能なものであると。

たとえば、結果としてとられた手段が犯罪行為であったとしても、それら犯罪行為の根源にある当事者のニーズに対しては、人は共感できるというあり方。

価値観の衝突を対話によって解決しようと思うなら、まずは両者が議論のテーブルに座ることが必要。

自己とは異なる価値観で様々な意思決定を行う他者がいたときに、その根源的なニーズ(それは安全な環境を整えたいというものかもしれないし、
社会に貢献したいというものかもしれない。)に対してどこまで共感的にコミュニケーションをとることができるか、という共感力は、対話の文化が必要とする素養の一つだ。

「あなたにとっては許すべからざる蛮行であるその行為が繰り返されないために、その蛮行を実行せざるを得なかった誰かの背景までを想像してコミュニケーションをとる」ということ。
対話によって課題を解決したいと思うときにまず意識したい在り方だと思う。


②本質的な解決を志向する姿勢:最少の出力で最大のインパクトを生み出す

今後、同じようなことが起きないために、行動を起こしたい人は多いと思う。
今回の件も、行動を起こすとなるといろんな方向性がある。

新たに生まれるコンビニの不買運動をするとか、街中でデモをするとか、表面的に怒りを表明する行動も無数にありうる。
けれど、本質的な解決を志向しようとおもったら、今回のような事象がなぜ生まれたのか。その原因を適切に把握するしかないように思う。

もちろん、世の中は複雑で、一見単純に見える問題も、その背景は多くの要素が複雑に絡み合っている。
今回の悲しい出来事(石蔵の取り壊し)に至るプロセスもそう。
現代社会の複雑なシステムを総体としてとらえて、課題を整理し、本質的な解決策を探る思考を「システム思考」と呼ぶ。

なぜ石蔵は壊されたのか。その背景を丁寧に読み解き、どのタイミングでどのような対策をとりえるのか(とりえたのか)を整理すること。
これは、感情的な思考ではなく、論理的な思考での課題整理・関係性把握(システム思考)の技術が必要だ。

b0049873_10382034.jpg

感情的な意思表明のアクションと、論理的な課題解決のアクション

石蔵が壊されるにいたった複数の要素がそれぞれどのように構成されているのか。
その相互の関係性のなかに、類似の問題を事前に防ぐヒントがある。

今回の件を参考に、(まずは僕の想像の中で)石蔵が取り壊されるにいたる要素をたくさんあげてみた。

①石蔵が歴史的に希少なものであることを理解できなかった
②石蔵を今のままで残すことの必要性を感じなかった
③石蔵を壊して作りたい施設があった
④石蔵をいまのままで保管するコスト・リスクを負担できなかった
⑤石蔵に対して個人的な恨みがあった
…まずは5つくらい挙げてみる。

そして、これらの要素について、それぞれさらに原因となりうる要素を追記していった課題の相関図がこちらである。

b0049873_10394090.jpg

【相関図】

こうして相関関係を整理していくと、いくつかのポイントがみえてくる。

b0049873_10405124.jpg

【課題解決のポイント】

こうして整理した結果、もっともクリティカルなポイントは、「石蔵を残すことの価値をオーナーが感じる場面がない」という情報流通の問題なのではないかという仮説が浮かび上がる。

だとすれば、不動産オーナーに対して、歴史的に価値ある物件の価値を、適正に伝えるような具体的な行動が必要だなということになる。(さらに、その価値が経済的価値に交換されるようなアイデアもあると最高だ。)

どうだろうか。

今回は石蔵の取り壊しというトピックを事例に、ファシリテーター的なアプローチで課題解決の道筋を考えてみた。

ちなみに、②システム思考 の根幹には、①共感思考がある。

だって、課題の本質を深く把握するには、その課題の当事者の思考をトレースする必要があるから。
「その人にも、事情があったはず」「では、その事情って何なんだろう」と、2歩下がって考えるところから、解決に向けた議論をはじめたいなと。

以上本日は、①原因に対する歩み寄り(NVC)と、②原因を構造的に把握する(システム思考)、僕のファシリテーションを構成する大きな2つの柱についてのお話でした。
[PR]

# by gekiretsunagayan | 2016-04-13 10:43 | 雑感

【久々更新】この春に新社会人になる皆さんへ

MBCラジオ Radio Burnの番組内にて、「Blog再開します」と言ってしまったものだから。

久しぶりにBlogを更新いたします。(パスワード覚えててよかった)

さて、この季節に改めてBlogに書くことは何かないかなあと思っていろいろ考えました。
この春に何名かの大切な友人が大学を卒業するので、すこし説教くさくなりますが、新社会人になる友人たちに向けての「新社会人のススメ」などを書いてみようかと。


――――――――

この春に大学を卒業した新社会人のみなさんへ

大学卒業おめでとう。

僕が大学を卒業したのはちょうど10年前。
自分自身を振り返ると、あの生産性も計画性も何もなかった日々がある日突然に終わるという事実への恐怖感を思い出します。

僕は自分自身がカッチカチの政府系金融機関に新卒で入社したので、自堕落で無計画な大学生活からの変化は大きく、特に最初の1か月は地獄を見たように思います。

みなさんももしかしたら、4月1日からの生活に戦々恐々としているかもしれません。

けれど、大丈夫。みんな、状況は同じですから。

そんな皆さんのために、いくつかの「新社会人のススメ」をご提案。

――――

①入社式の前日、または入社日にやっておきたいこと
 …入社前のいま、あなたがその会社で目指したい社会的な価値と自分自身の成長目標を文書にしておきましょう。
 入社直後から、あなたは会社の厳しいスピードについていくことで、日々の振り返りをする余裕がなくなります。
 また、入社前の段階であなたは組織の外の人間です。客観的な目で会社を見られる最後の時期に、できるだけ客観的な目で入社予定の会社を眺め、そしてその会社で実現したい価値を明確にしておくことは、後々おおきくあなたを支えます。

②新卒1年目が入社初日から発揮できる価値がある
 …新卒1年目。まさに何もしらない状況。(あ、もちろん事前に書籍などで勉強しておくと最高ですが)
 そんなあなたにできる最大の貢献は、「上司への質問」と、「自分自身の成長スピードを見せる」という2点です。
 まず、上司への質問というところですが、会社にはいろんなルールがあります。その一つ一つを迅速に覚えるのも仕事の一つですが、たまーに、意味のないルールも存在します。そんな意味のないルールが新人による「これってどういうことなんですか」の一言で見直されたりします。
 まっさらな新人の目線で、率直にいろいろ質問してみましょう。
 「自分自身の成長スピードを見せる」…新入社員のときは、まるで赤ちゃんが一つ一つ言葉を覚えるがごとく、昨日できなかったことを今日できるようになり、今日できなかったことが明日できるようになる、という時期です。そして、自らのチームにそういう成長スピードの人間がいることは、チームの雰囲気を確実に成長方向に後押しします。あなたは、あなたの成長によって、チームの後押しをしているんだどいうことを自覚して、全速力で成長してください。
 
③5月病の乗り越え方
 …入社1か月。徐々に会社になじんできたあなたは、5月の連休を前後に5月病になるかもしれません。
 疲れと、緊張の緩和は、あなたの気持ちを会社から遠ざけるかもしれませんね。
そんな時には、できるだけ身近な社外の先輩に相談してみましょう。
 社内の先輩にあなたの気持ちを正直に打ち明けるのは勇気が必要です。せっかく社内では「頑張っている」あなたが弱い面を見せるのは難しいかもしれません。
 そんなときにこそ、他の会社で頑張っている先輩の話を聞きましょう。きっと、その先輩も同じような時期を経験しています。
 苦しいのは自分だけじゃないんだ、ということを知るだけでも、ずいぶん気持ちが楽になるはずです。

④夏から秋にやっておきたいこと
 …夏がやってきたら、あなたには会社の中でやるべきことが明確に見えてきています。
 少しづつ、自分の仕事が見えてきたら、あなたはインプットのスピードを高めていく必要があります。
 仕事の進め方を覚える段階から、仕事に直接必要な知識を覚える段階になったら、まずはとにかく勉強の量と質を確保することを意識しましょう。
 この時期に必死になって覚えたり、学んだりしたことは、年末から年度末にかけてのあなたの仕事を大きく支えます。
 夏から秋は誘惑も多い季節。会社になれたこの時期、夏のボーナスが出る会社の皆さんは、遊びたい欲求もたかまるころですが、ここは我慢のしどころです。 

⑤冬にやっておきたいこと
 …新社会人にとって最初の冬は、最初の年末商戦であり、最初の期末営業です。
 このころには皆さんは一人の戦力として顧客や現場を任され、先輩たちと共に価値を生むために日々悪戦苦闘するようになっています。
 ここでやっておきたいのは、入社前に決めた「この会社に自分が入る意味」を振り返るということ。
 一人前に扱われるけれど、一人前の仕事ができないというのはつらく悲しいものです。けれど、そんなときにこそ、入社前の気持ちを思い出してください。
 合わせて、入社前と今のあなたの知識や経験の違いに思いをはせてみましょう。
 あのころできなかったことに比べて、いまできていることのなんと多いことか!
 自分が確かに前に進んでいることを確認しましょう。

⑥新卒1年目を終えるときにやっておきたいこと
 …もしかしたら、このころには同期入社のうちの何人かが会社を辞めているかもしれません。
 または、大学の同期のうちの何人かが会社を辞めているかも。
 このころには、そんな友人と会ってみるのも良いかもしれません。
 僕は個人的には一つの会社で3年は頑張ることを推奨していますが、1年間の社会人生活であなたには十分な会社への理解と、お客様とのご縁があるはず。
 社内を俯瞰的にみられるようになったあなたが、2年目を迎える前に見ておくべきなのは、会社の外に広がるいろんな生き方。
 これからはじまる新たな年度をどのように迎えるか。それを考えるにあたって、かつて同じ目線で過ごしていた友人たちとの対話を通して、自分の生き方の中に会社員生活をどう位置づけるか、を考えてみるのは大切なことかと思います。

---

以上です。

あー、偉そうなことを言いました。

ただ僕は、新卒で入った会社を3年半でやめましたから。

なので、僕の新人時代を知っている人は、いま近くにいないというね。

こういう偉そうなことを書くには絶好の位置にいるということで。

さて、僕も4月1日から少し立場が変わります。

日々、できること、一つずつ積み重ねていきます。

(写真は県庁裏手の川添いの桜。三分咲きくらいかな。昨日撮影)

b0049873_1032026.jpg

[PR]

# by gekiretsunagayan | 2016-03-30 17:30 | 雑感

Probono という取り組み

Ten-Labの仕事のひとつは、地域と人をつなぐこと。

いま、鹿児島県の離島振興課と連携して、「都市部のビジネスマンを離島につなぐ」という
取り組みをすすめています。

そのひとつが、プロボノ(Pro Bono)。

本業のスキルを生かした社会貢献のかたち。

今年度内に、ひとつのをつくるべく、右往左往していますが、
少しずつ、少しずつ、うねりを作っていきたいなあ。
[PR]

# by gekiretsunagayan | 2013-11-27 14:53 | 雑感